背骨が痛いから、700Cに27インチを使う話。

2015年12月23日水曜日

チャリネタ

t f B! P L

え~っとですねぇ・・・。


27インチってのが、よくある、街中走ってるシティサイクルとかに多いサイズ。


で、700Cってのは、スポーツバイクに多いサイズ。


 


700Cって、28インチ相当。


とか言う、話も有りますけども、


まぁ、そのへんは勝手に調べてください。


 


実寸で、700Cのリムのほうが、27インチより小さいのに、


インチアップの28インチ相当ってどういう風の吹き回しだ?


 


となりますが、逆にタイヤの方は、700Cのリムなのに、


28×1・・・ってなサイズがハマることがあるんで、もう、無茶苦茶です。


 


で、結局のところ、最近の激安スポーツバイクもどき自転車とかは、


700Cのホイールが多いわけです。


ちゃんとしたスポーツバイク準拠なのか。


ほんと、極端に安い奴は、ママチャリと同じタイヤ使ってて、そんなのは、26とか27インチだけど。


 


700Cの場合、よければKENDA製の28Cとか32Cくらいのタイヤがほぼ。


悪けりゃ、聞いたこともない、どこのメーカー?的なのも有り。


 


すると、ペラッペラのチューブが出てきたり、


タイヤの繊維が異常に弱く、まだ、バリが残っているほどタイヤがど新品なのに、


わけのわかんないところからスパっと切れたり。


 


まぁ、そんなのに、ちょっと抗ってみましょうか?


という話を1つ。


 


結局、27インチ規格だと、ママチャリ・シティサイクル用で、パンクに強いとか、


耐摩耗性とか、なんか、色々いい言葉が並んでまして、


事実、チューブの厚みが1.2mmのやつとかが、高い通学用自転車とかに多いわけです。


 


一方スポーツバイクの場合は、軽量さを出す方向もあるくらいなので、


700Cのチューブとかなら、基本1mm厚が多く、0.8mmとかもザラに。


 


タイヤは、よりどりみどりなので、それぞれの規格で探しても、相当いろんなのが見つかるので、


まぁ、適当に良い奴使うとして。


 


どうにかして、27インチのホイールに700Cの厚い、頑丈なチューブを使えないかなぁという話。


 


用意したのが、えげつないほどの激安ホイール。


・リムはアルミでシングルウォール。ブレーキ面も何の加工も無し。平たく言うと、ママチャリリムの700C規格。




・スポーク・ニップルは鉄。太さは#14だけど。すでにスポークテンションにばらつきがある気がするので、じゃんじゃん首が飛んでいきそうだ・・・。


・ハブはアルミ製の多分ジョイテックあたり。クイックですら無く、ナット留め。


ってなことなので、ホント、ネットで売られてる激安自転車についてそうなホイール。


 


 


で、まず、タイヤを付ける前に、テコ入れ。


ナイロンとかで出来てる700C用のリムテープをそのままつけてもいいんだろうけど、


その前に、ママチャリ用ゴム製リムテープを噛まして、ニップルを1段カバー。


プラスの溝のかさ埋め。



 


して、その上から



 


 


ほんで、実際に、27のチューブを700Cに使うなら、頑張って28Cの太めのタイヤ、


やりやすいのは32C。余裕しゃくしゃくなのは35C、38Cなどなど。


 


要は、タイヤが太くなれば、そんだけぶん収まるスペースが広がるんでチューブ入れやすいです。


 


分厚いチューブを用意して



 


 


あぁ、そうそう。


とりあえず、あてがって見るわけです。


ちょっとだけ空気入れて、軽く張りをだし、


用意した、32CのCST製、えげつないくらいの激安タイヤに装着



 


すると、冒頭書いたとおり、27の方がでかいんで、タイヤに入れてくと、チューブのほうが余ります。


バルブの右っ側にたくれて入ってますけど、このまま空気入れて使うと、チューブに折り目上の傷が入り、


擦り切れて、遅かれ早かれパンクします。


 


もっぱら、中国製の安い自転車を見ると、そもそもチューブが一周ねじれて入ってるとか、詰まって入ってるとかザラにあるんで、


驚きはしませんけどもね。


 


あとは、かれこれ、パンク修理6,000回くらいやってるし、


パンク以外でもタイヤ外したりしますけども、そんなの含めたら軽く1万回以上は色々見てるもんで、


どこぞの高校生なんかは、空気なんかろくに入れもせずに乗り回し、


チューブずたずたにした挙句、そこから空気入れちゃうもんだから、チューブのびのびなんてのもよく。


あれ、なかなかすごい話で、26インチのチューブが27インチに使えるような奴までたまに見かける・・・。


 


話逸れてしまった。


まぁ、それくらい場数を踏むと、どうにかこうにかして、伸びたチューブを元通り入れなおさないといけないシチュエーションが発生するから、


どうにかする技量を持ってないわけでも無くはなく無いわけでもないわけですが・・・。


 


でも、27と700×32Cとかなら、あらかた、誰がやっても、うまいこと収められる感じで。


 


ということで、ちょっとずらすとご覧のとおり↓



 


と、まぁ、ホントに収まってんのかわかんない写真ですが、普通に入ります。


 



 


たぶん、このホイール単体で、2.5kgくらい有りそうな、まぁ、それはそれは重たい状態。


 


たぶん、ぽっと出の人が真似してもうまくいかない事のほうが多い気がしますけど、


まぁ、一応出来なくはないけど、真似はしないほうが良いです。


 


きっちり対応した規格ものでやってください。


ブログ アーカイブ

XM

ページビューの合計

このブログを検索

カテゴリー

Aliexpress (5) Aliexpress ヽ(´ー`)ノ (45) Axiory (4) FXネタ (144) FX業者 (8) MERIDA (155) MT4 インジケーター (47) MTB (9) SCHWINN (33) Tickmill (2) TVゲーム (16) XM (1) YOUTUBE (6) クレカネタ (24) クロスバイク (94) ゲームネタ (35) コストコネタ (40) サラリーマン絡み (46) シマノ STEPS (16) スウィングトレード (8) スキャルピング (9) ストラテジー (5) たわいもない話 (99) チャリネタ (104) どうでもいい話 (88) ドル円 (45) ドル円予測 (33) トレードの種 (13) トレード環境 (1) トレンドライン (6) パーツ (141) パーツネタ (122) バイナリーオプション (26) パソコン (28) パソコンいじり (51) ピスト/シングルスピード (10) ブリヂストン (18) ホイール (42) ポンド円 (202) ポンド豪ドル (2) ミニベロいじり (12) ユーロドル (1) ライフハック (5) ローカルネタ (15) ロードバイク (229) 家の中 (2) (1) 海外通販 (8) 干潟歩き (15) 業界ネタ (49) 工具ネタ (6) 広島ネタ (38) 豪ドル (2) 今日の10Pips (161) 仕事環境ネタ (31) 時事ネタ (27) 自転車業界ネタ (3) 自転車修理 (13) 自転車組立 (4) 修理ネタ (192) 組み立てたやつ (51) 組立 (49) 組立ネタ (31) 相場分析 (15) 走るネタ (26) 中華カーボン (68) 中華クロモリ (1) 通勤 (141) 釣りネタ (6) 電動自転車ネタ (47) 投機でやるFX (5) 入金方法 (1) (3) 飯ネタ (87) 普通の自転車ネタ (75) 分析サイト (2) 宝くじ (2)

人気の投稿

QooQ