2017年モデル MERIDA RIDE80のお話(エントリーモデルのロードバイク)

2016年8月25日木曜日

MERIDA

t f B! P L

とりあえず、記憶が薄れていきそうなので、撮りためた写真を元に、各車種で書いていってみます。


まず、エントリーモデルのロードバイクで、ラインナップ中、一番安価なモデル。


RIDE 80から。



 



 


カラーが、グリーン、レッド、ホワイトの3色。


 


だぶん、台数的には一番売れてるんじゃなかろうか?


いや、SCULTURAの400とかの方が多いのか?


は、定かはではないですけども、16年モデルと同じく、税抜き83,900円。


実勢価格で8万円前後になっていると思われるやつです。


 


16年モデルからの変更点は、フレーム形状の変更が筆頭。


以前は、80だけ別のフレームで、他のグレードは共通のフレームでしたが、


この80も、上位の200とかと、基本一緒のデザインに変更になってます。


 


この、”基本”ってのが”ミソ”で、違っているの変速ワイヤーのルーティング。


80は、ダウンチューブに、アウター受けが付いていての外出しタイプ。


それ以上のグレードは、インナーケーブルルーティングとなってます。


一応、と言うか、世間一般には?、インナーケーブルのほうがグレード高く見られてるのかもですが、


個人的には外出しの方がメンテが非常にしやすいし、音鳴がしにくかったりとか、


まぁ、いろいろあるので、外に出しててくれたほうが楽だなぁとは思いますけども・・・。


 


 


なので、後ろ三角がコンパクトな感じのデザインに。


 


それから、17年モデルは、ロードで、SRAMコンポ搭載車以外、全車共通でシマノ製ブレーキ搭載となり、


この80は、コンポに揃えて、Clarisキャリパーブレーキが着くようになってました。



 


以前のモデルは、PROMAX製のブレーキだったので、だいぶ向上しているかと。


ブレーキシューも、カートリッジではないものの、トー角調整できるタイプだし。


 


 


といったところが、エントリーモデルのRIDE80のお話。


いかんせん、すでに17年モデルの在庫がメーカーに有りまして、その展示会で2台ばかし発注しているので、


近々、実車が手元に来る予定。


 


なので、また、マジマジと写真撮って、掲載予定です。


 


カード↓



ブログ アーカイブ

XM

ページビューの合計

このブログを検索

カテゴリー

Aliexpress (5) Aliexpress ヽ(´ー`)ノ (45) Axiory (4) FXネタ (144) FX業者 (8) MERIDA (155) MT4 インジケーター (47) MTB (9) SCHWINN (33) Tickmill (2) TVゲーム (16) XM (1) YOUTUBE (6) クレカネタ (24) クロスバイク (94) ゲームネタ (35) コストコネタ (40) サラリーマン絡み (46) シマノ STEPS (16) スウィングトレード (8) スキャルピング (9) ストラテジー (5) たわいもない話 (99) チャリネタ (104) どうでもいい話 (88) ドル円 (45) ドル円予測 (33) トレードの種 (13) トレード環境 (1) トレンドライン (6) パーツ (141) パーツネタ (122) バイナリーオプション (26) パソコン (28) パソコンいじり (51) ピスト/シングルスピード (10) ブリヂストン (18) ホイール (42) ポンド円 (202) ポンド豪ドル (2) ミニベロいじり (12) ユーロドル (1) ライフハック (5) ローカルネタ (15) ロードバイク (229) 家の中 (2) (1) 海外通販 (8) 干潟歩き (15) 業界ネタ (49) 工具ネタ (6) 広島ネタ (38) 豪ドル (2) 今日の10Pips (161) 仕事環境ネタ (31) 時事ネタ (27) 自転車業界ネタ (3) 自転車修理 (13) 自転車組立 (4) 修理ネタ (192) 組み立てたやつ (51) 組立 (49) 組立ネタ (31) 相場分析 (15) 走るネタ (26) 中華カーボン (68) 中華クロモリ (1) 通勤 (141) 釣りネタ (6) 電動自転車ネタ (47) 投機でやるFX (5) 入金方法 (1) (3) 飯ネタ (87) 普通の自転車ネタ (75) 分析サイト (2) 宝くじ (2)

人気の投稿

QooQ