2017年モデル MERIDA SCULTURA 6000のお話(新型フレームの真っ青なカーボンロード)

2016年8月25日木曜日

MERIDA

t f B! P L

で、問題は、これですよ・・・。


この、攻めに攻めまくった感のあるカラーリング。


濃い目の真っ青に、黄色い差し色でラインとロゴ入り。


 


先に紹介した5000と同じフレームで、ブレーキ・クランクがアルテグラになりつつ、ホイールもフルクラム製で、


ざっと6万円アップの価格設定。


 


SCULTURA6000  299,000円。



 


すこ~しだけふれましたけど、個人的にはこのカラーリングでも全然かっこいいと思うし、乗るのにも特に抵抗は無いです。


 


が、すこしばかり”とち狂っている”あたしの感性と、世間一般の方々の感性はだいぶ違ってますんで、


果たして、この色の自転車を好んで買っていく人がどのくらいいるのか・・・。


甚だ疑問。


 


ブレーキもアルテグラ



 


後ろ側の写真を撮ったほうが良かったですけど、チームモデルのフレームと違って、BB裏じゃなく、


いつもの位置にブレーキがついてます。ブリッジが設けられて。


 


カード



 


 


 


 


余談程度に、ものすごい生臭い計算をしてしまうと、


この文章を書いているタイミングで、イギリスのEU離脱が有り、ポンド円のレートが130円くらい。


イギリスの自転車通販サイトを利用すると、アルテグラのフルコンポが、輸入消費税とか入れても6万円くらい。


 


5000なり、4000なりを買って、新車外しで105メインのコンポを3万ちょっとくらい、


アルテグラだと、5万円くらいにはなるだろうけど、5000ならクランクとブレーキ、チェーン、スプロケ辺りのとっかえでフルアルテグラに。


差し引き数万円くらいで、アルテグラを入手でき、フルコンポアルテグラにもできる余地が・・・。


 


無論、自分で組み替えできる人は工賃も無いし、そしたら、価格重視で189,900円の4000ベースか、


カラーリング重視のレプリカカラーで239,000円の5000ベースか、っていう。


 


持ち込みでも対応してくれる、気前の良いショップを使ったとしても、工賃で1万円から、どうだろう?3万とか取るんだろうか?


流石に、それは無いか?


あたしが、全部、自分でやっちゃう人間だから、よくわかんないけど・・・。


 


と、まぁ、そんな話で盛り上げておきながら、結局のところ、自転車ってのは、乗り手の力量に左右される乗り物なわけで・・・。


トッププロが、下位グレードのコンポーネントを使うと、箸にも棒にもかからないほど遅くなるわけもなく、


乗りたての初心者が、100万円位するプロが使ってる自転車に乗ったからといって、プロと同じスピードで走るわけでもなく。


 


早く走りたいんなら、金掛ける前に、1日1時間でも2時間でも、チャリンコにまたがって、


筋力と心肺機能を上げてもらえば、それが安価でてっとり早い・・・。


例えば、年代物の古いロードバイクに乗っている方でも、毎日継続して乗っている方は、


ペダリングスキルなり、筋力なり、生活スタイルもありつつ体脂肪率なりが、優れていたりするわけで、


毎朝通勤してても、40代、50代、場合によっては60代の方々でも、


何のことはなく時速40Kmで巡航する方はいらっしゃいますからねぇ・・・。


最新鋭で、高価で、軽量な自転車に乗っているわけでもなく。


クロモリフレームに、ローハイトの手組っぽいホイールに、まだ、リアの変速段数が8速とか9速しかなかった頃のパーツで。


 


コンポ交換で影響が出るとしたら、ギア比とか、ブレーキの制動力とか。


ただ、同じギア比のうちでパーツだけ変える場合は、どうなんだろうか?


ブレーキは、フィーリングやらタッチが変わるから、違いを感じやすいだろうけど。


 


と、まぁ、あんまりこんなことを書くと、「余計なこと書いてくれんな(怒)」って言う人たちがいっぱいいるんで、


この辺りに。


 


結局、趣味の自転車なわけで、


競技としての自転車をやってる人なら、その違いも感じ取れるし、わかるし、なにより成績にも多少なりとも影響するでしょうから、


気にしないといけないでしょうけど、


(とはいいつつ、スポンサー付きなら機材も選べなかったり、限られた選択肢の中からで無いと選べないでしょうけど)


趣味でやる分には道楽的側面も有りますから、自己満足でじゃんじゃんお金使ってもらったって、だれも咎めはしませんし。


 


自分が楽しいかどうか?満足しているかどうか?


が重要なわけで、他人がそれをどう見ようが、知らん顔しとけばいいだけの事。


 


自転車の紹介ネタ記事に、とんでもない余談を書いてるんで、


見る人多いかもですが、まぁ、そんな余談込みで、SCULTURA6000のお話でした。


ブログ アーカイブ

XM

ページビューの合計

このブログを検索

カテゴリー

Aliexpress (5) Aliexpress ヽ(´ー`)ノ (45) Axiory (4) FXネタ (144) FX業者 (8) MERIDA (155) MT4 インジケーター (47) MTB (9) SCHWINN (33) Tickmill (2) TVゲーム (16) XM (1) YOUTUBE (6) クレカネタ (24) クロスバイク (94) ゲームネタ (35) コストコネタ (40) サラリーマン絡み (46) シマノ STEPS (16) スウィングトレード (8) スキャルピング (9) ストラテジー (5) たわいもない話 (99) チャリネタ (104) どうでもいい話 (88) ドル円 (45) ドル円予測 (33) トレードの種 (13) トレード環境 (1) トレンドライン (6) パーツ (141) パーツネタ (122) バイナリーオプション (26) パソコン (28) パソコンいじり (51) ピスト/シングルスピード (10) ブリヂストン (18) ホイール (42) ポンド円 (202) ポンド豪ドル (2) ミニベロいじり (12) ユーロドル (1) ライフハック (5) ローカルネタ (15) ロードバイク (229) 家の中 (2) (1) 海外通販 (8) 干潟歩き (15) 業界ネタ (49) 工具ネタ (6) 広島ネタ (38) 豪ドル (2) 今日の10Pips (161) 仕事環境ネタ (31) 時事ネタ (27) 自転車業界ネタ (3) 自転車修理 (13) 自転車組立 (4) 修理ネタ (192) 組み立てたやつ (51) 組立 (49) 組立ネタ (31) 相場分析 (15) 走るネタ (26) 中華カーボン (68) 中華クロモリ (1) 通勤 (141) 釣りネタ (6) 電動自転車ネタ (47) 投機でやるFX (5) 入金方法 (1) (3) 飯ネタ (87) 普通の自転車ネタ (75) 分析サイト (2) 宝くじ (2)

人気の投稿

QooQ