「例えば、今日だけで10件以上やってるわけでね・・・。」な、パンク修理。

2018年2月3日土曜日

修理ネタ

t f B! P L

さて、今日がまた、クレーム対応が5件くらい。


まぁ、そんなことは毎日だし、今に始まったことじゃないので、


元凶の人間に居なくなってもらうほか、対処も無いのでほっとくだけ。


今朝から、奇声発しっぱなしで、ワーワー言ってるし、外からやってきた第三者との会話が、


全然成り立ってなくて支離滅裂だったりするから、すでに言語聴覚野もご臨終な事。


5分前の記憶も残って無いような状態だから、記憶系統もやられてんのか?


どうでもいいので、基本、ほっとくのみ。




と、前フリを書いといて、もちろん、クレームじゃないやつもバリバリ修理しまくってて、


やっぱし街の人が見てんのか、あたしが外で作業してるタイミングで持ち込まれる事多々。


写真撮影中で、ポケットにデジカメが入ってたから、多少写真撮ってみたり。



どっちも、パンク修理中の話なんだけども、「一体どんな乗り方してんだよ(笑)」


的なパターンの自転車で発生する事例。



パターン1  さしずめ”鱗パターン”とでも。




英式バルブのチューブなんだけども、サイズが700×35C。


で、バルブに対して見てもらうと、チューブ側面に当たる部分が、外周全域に渡って写真の有様。


うっすら白いのが乗ってるのはマーカーで穴の開いたところに印を付けてんだけど、


例えばこの穴塞いでも、まぁ、すぐに他のところから穴が開きそうじゃないですか・・・。



こうなる原因としては、あくまで1事例ですけども、


軽量化されて、接地面は厚いけど、サイド部分でケーシングが薄くなってるようなタイヤで、


ほつれたり、タイヤ表面に微細なひび割れが入ってるような状態のまま使ってるパターン。


主に、KENDA製のクロスバイク用とかミニベロ用とか、Panaracerの下位グレードのタイヤとか。


そして、チューブが薄手のタイプの場合に起こりやすい気がする。


(TIOGAのコンセプトチューブ?などなど)


もちろん、空気圧の管理の仕方も要因の一つで。



こうなってたら、タイヤとチューブ変えてくださいませって感じです。


安タイヤだったらCSTとかでもそこそこ使えるのが出回りはじめてるし。




パターン2?”全日本空気入れ無い選手権開催中”とでも。




もちろん、これよりももっとひどい事例も多々あるんでそんなやつのほうがわかりやすいんだけども、


車種がブリヂストンはアルベルト(ピントが合ってない遠くでベルトが見切れてるでしょ?)。


そこそこグレードで、タイヤはブリヂストンのマイティロードって言う、そこそこいいタイヤに肉厚なチューブ仕様ってわけです。


んで、北海道から沖縄まで、全国の中学生・高校生が使用する通学用自転車を対象に開催中の、


「全日本空気入れ無い選手権」に参加中の自転車なので、なかなかいい線いってて、


まぁ、でも、ちょっとこの程度だと入賞圏外かな?


バルブの根本がもげるほど引きちぎられ、タイヤに残ったカスで消しゴム2~3個作れるくらいまで行けば優勝候補。



冗談はさておき、空気圧が低い状態で乗り回し続けると、タイヤが潰れ、チューブが擦り切れ、擦り切れた”カス”が癒着するという事です。


そして、このカスをどかすと穴が見つかったりとか。


これもやっぱり、パターン1に並んで、開いてる穴塞いでも他からすぐに開くパターン。


これがまたややこしい話、1.2mmあつの肉厚チューブだったりするから、表面が傷だらけでも案外すぐに開かなかったりするもんで、


普通のパンク修理だけで直したりも。



という事で、2事例ほど。


ある程度自転車の心得が有る人が見たら、「うそこけ、こんなのそうそうないだろう?」って言われそうだけど、


「いやいや、むしろ、きれいな状態で乗られとるほうが少ないわ。」っつう話です。


だって、得てして、空気圧の管理とかがいい加減な自転車でパンクが起こりやすいわけで、


月に1回でも定期的に空気入れてるような人の自転車はタイヤ擦り切れて交換するまでパンクしなかったりだもの。


だから、不運に画鋲踏んだとか、ガラス片踏んだとか、そういうのでない限りはパンクで持ち込まれないもの。



何回か書いたけども・・・


日本中の自転車利用者が、乗ってる自転車の空気を月に1回、適正な空気圧まで入れるようになったら、


日本の自転車屋の半分が倒産・廃業するかも


って言う話です。



実際、今日やったパンク修理で、1件だけは不運によるものだと断定できる事例だったけど、


それ以外は、概ね管理不足によるもの。


派生してチューブ交換とか、タイヤ交換になったパターンが多々有るけど、


仮にそれが全部なかったら、売上にして1,000円か35,000円かの違いくらい。


ただでさえ高齢化とか、需要減とかでやってけない業界なんだから、拍車もかかる。



でも、まぁ、そうならないから、自転車屋風情が多少儲かるわけでね。


かれこれ10年くらいやってるあたしだと、1日5回平均でみて、年間280日稼働くらいだから、1400回/年。


10年だと、14,000回?


いや、流石に、14,000回もやった気がしない。


ただ、少なく見積もって半減させても7,000回とかか。


まぁ、パンク修理7,000回だったら、逆に間違いなくやってる気がするけど。



このあと10年くらいで、色んな仕事がAIに取って代わられるだろうけど、自転車のパンク修理はAIにはできまい。


「とりあえず、食いっぱぐれはなかろうか?」



<結論>


”こんなやつ(つまりあたし)”をのさばらせたくなかったら、乗ってる自転車に定期的に空気入れてくださいませ。


ブログ アーカイブ

XM

ページビューの合計

このブログを検索

カテゴリー

Aliexpress (5) Aliexpress ヽ(´ー`)ノ (45) Axiory (4) FXネタ (144) FX業者 (8) MERIDA (155) MT4 インジケーター (47) MTB (9) SCHWINN (33) Tickmill (2) TVゲーム (16) XM (1) YOUTUBE (6) クレカネタ (24) クロスバイク (94) ゲームネタ (35) コストコネタ (40) サラリーマン絡み (46) シマノ STEPS (16) スウィングトレード (8) スキャルピング (9) ストラテジー (5) たわいもない話 (99) チャリネタ (104) どうでもいい話 (88) ドル円 (45) ドル円予測 (33) トレードの種 (13) トレード環境 (1) トレンドライン (6) パーツ (141) パーツネタ (122) バイナリーオプション (26) パソコン (28) パソコンいじり (51) ピスト/シングルスピード (10) ブリヂストン (18) ホイール (42) ポンド円 (202) ポンド豪ドル (2) ミニベロいじり (12) ユーロドル (1) ライフハック (5) ローカルネタ (15) ロードバイク (229) 家の中 (2) (1) 海外通販 (8) 干潟歩き (15) 業界ネタ (49) 工具ネタ (6) 広島ネタ (38) 豪ドル (2) 今日の10Pips (161) 仕事環境ネタ (31) 時事ネタ (27) 自転車業界ネタ (3) 自転車修理 (13) 自転車組立 (4) 修理ネタ (192) 組み立てたやつ (51) 組立 (49) 組立ネタ (31) 相場分析 (15) 走るネタ (26) 中華カーボン (68) 中華クロモリ (1) 通勤 (141) 釣りネタ (6) 電動自転車ネタ (47) 投機でやるFX (5) 入金方法 (1) (3) 飯ネタ (87) 普通の自転車ネタ (75) 分析サイト (2) 宝くじ (2)

人気の投稿

QooQ