サカモトテクノ エアーオン2 分解

2018年8月20日月曜日

クロスバイク パーツ 組立

t f B! P L
            ということで、まだ出荷作業とか有るけど、待ちがかかったんでその合間に。


発注していた、自分用のサカモトテクノ エアーオン。



あたしはまともでないので、一旦バラバラ化。





ご丁寧にヘッドパーツ、BB裏のワイヤー受けも、シートクランプも外してんだけど、



キャリアダボとボトル台座のダボのネジは残したまんまという、曖昧さ。



無論、外したパーツもこっちに↓







 



でですよ、カタログ重量というか、メーカー公称値で12Kgを謳っているわけで、



それが430mmのフレームデータだろうけど、にしても、このパーツ構成12Kgを叩き出すとか、



フレームがそもそも軽いんでないか?



という疑問。



だから、一通り外してんだけど。



そんな工程で、各パーツを実際に手に持つと、「あぁ、重たいなぁ・・・」と思えるのが数点。



その筆頭だったのがヘッドパーツ(特に上の山型キャップ部分)。





これに、ベアリングとか、トップキャップとか、アンカーとかが加わるんだけど、



それなしの、圧入されてたカップ×2と山型の3点で96gほど。



まぁ、その、超絶軽量化を目指しているとかってわけじゃないから、



ヘッドパーツが200gあろうが300gあろうがどうでもいいとして、



ただ、単に、比較的重ためパーツだなと、持って実感したから載せただけ。



 



あと、写真ないけど、クランクの歯数がアウタ-で48T。



シマノクロスバイク用安クランクに交換とかも想定してたけど、



機能的に無茶苦茶変わるわけでもなく。



むしろ、42Tとかだったら、48Tに変えたくてシマノクランクに換装したくなるけど、



はなっから48Tがついてたから、このままにしとこう・・・。



いや、これが、ロードのフロントダブルとかに是非したいんだけど、



そうすると、シフターとか、ディレイラーがね。



あんましにも変えていくと、方々にお金がかかりまくるし。



 



話がそれたから本筋に戻すと、裸にしたフレームは、業界騒然の”画期的な重量計測システム”を用いて、



料理秤で計測。





空き箱の耳で橋を作って秤を置き、フレームを中に浮かせて計測してるだけです。



これで寸分の狂いなく計測はできなさそうですけども、おおよそ値でいいわけで・・・。



 



その結果、単体で以下の数値↓





フレーム重量:1868g



※風袋引きを使って別の置き方で計測しても1877gとかなので、概ねこのくらいの重量かと。



 



アルミで、そもそも素材のシールとかも有るわけないからどんなアルミかしらないけど、



車体の小売価格とか考えたら、こんなもんじゃないかしら。



これで、「工場で6061のパイプが余ってたから、実は使ってます」とかだと面白いけど、



流石にそれはなかろうか・・・。



もちろん、バテッドとかでもなさそうだし。



 



ちなみに、ぐぐってみると、GIANTとかキャノンデールのクロスフレームで1300gとからしい。



それに比べると500gも重たくなるけど、まぁ、完成車は小売価格で倍ほど違うわけで。



 



それから、フレームはさておきフォーク↓





結局、アルミフレームをアピールしてる自転車はごまんと有るけど、フォークがアルミとは言ってないわけですよ。



実際、さんざんぱらMERIDAのクロスウェイとか組み立ててきたけど、あれスチールフォークで「重っ」なやつだし。



センチュリオンのクロスラインとかがアルミフォークだったり、



GIANTのエスケープで逆にクロモリフォークだったり。



 



このエアーオンの場合は、フォーク重量で1Kg超えを叩き出してるし、溶接というか元パーツの雑さとかからしても、



単なるスチール製かと。



さっき、アマゾンで調べたら5,000円位で360gのカーボンフォークが売られてたから、



サクッと交換で一挙に700gとか軽量化できる余地が・・・。



コラムカットやら、アンカーをカーボン用にしたりとか、下玉押しの用意やら交換やら、



ハードルはそこそこ高いんで、心得と経験値がないと厳しいでしょうけども。



 



前載せたけど、あたしが使うフォークで555g。





※前回計測から1g増えてるけど、行ったり来たりの表示なので、小数点以下付近かと。



 



と、まぁ、そんなところで、一旦裸にしてみましたとさの話です。



なにせ、ベースの自転車が自転車だから、バシバシ売ってるお店とかは、7部箱から出して、



前輪とハンドルつけて、ブレーキシューが結構斜めに付いてるから修正して、ワイヤー張り直し、



変速ワイヤーの初期のびとって、多少ディレイラーの可動幅とか気にして、タイヤの空気入れたらおしまいだと思う。



だもんで、どうだろう30分位あれば、普通に乗れる状態にはなるはず。



 



めちゃくちゃ手抜きじゃないか・・・



って思われそうだけど、実際そんなもん。



あたしは、これ、ネタにする用だし、自分が乗る用でパーツとか変えるから一旦バラしてるけど、



まいどまいど、2万円台で売る自転車を全バラシなんかしてたら商売にならないんで。



 



はい。



とりま、そんなところで、ちょっと細かいパーツ待ちだから、



実際に組み立てるのは、明日か明後日か。



XM

ページビューの合計

このブログを検索

カテゴリー

Aliexpress (3) Aliexpress ヽ(´ー`)ノ (45) Axiory (4) FXネタ (139) FX業者 (8) MERIDA (162) MT4 インジケーター (46) MTB (9) SCHWINN (33) Tickmill (2) TVゲーム (12) XM (1) YOUTUBE (6) クレカネタ (24) クロスバイク (94) ゲームネタ (34) コストコネタ (40) サラリーマン絡み (35) シマノ STEPS (16) スウィングトレード (8) スキャルピング (6) ストラテジー (4) たわいもない話 (97) チャリネタ (104) どうでもいい話 (70) ドル円 (44) ドル円予測 (32) トレードの種 (13) トレード環境 (1) トレンドライン (6) パーツ (141) パーツネタ (122) バイナリーオプション (26) パソコン (28) パソコンいじり (46) ピスト/シングルスピード (10) ブリヂストン (18) ホイール (42) ポンド円 (200) ポンド豪ドル (2) ミニベロいじり (12) ユーロドル (1) ライフハック (3) ローカルネタ (15) ロードバイク (229) 家の中 (2) (1) 海外通販 (8) 干潟歩き (15) 業界ネタ (49) 工具ネタ (6) 広島ネタ (38) 豪ドル (2) 今日の10Pips (161) 仕事環境ネタ (31) 時事ネタ (23) 自転車業界ネタ (3) 自転車修理 (12) 自転車組立 (4) 修理ネタ (192) 組み立てたやつ (51) 組立 (49) 組立ネタ (31) 相場分析 (15) 走るネタ (26) 中華カーボン (68) 中華クロモリ (1) 通勤 (141) 釣りネタ (6) 電動自転車ネタ (47) 投機でやるFX (5) 入金方法 (1) (3) 飯ネタ (81) 普通の自転車ネタ (75) 分析サイト (2) 宝くじ (2)

人気の投稿

QooQ